読書の秋

皆さんにとっての秋ってなんですか?
スポーツの秋、読書の秋、秋の味覚、紅葉...。
いろいろあってどれも好きです。
そんな中から今日は読書の秋!!

最近いろんなところでいいよって書いてあるから今日本屋で買ってしまいました。

『その日のまえに』 重松清著

まだあまり読んでいないけれどとても面白い短編集です。
本って読むときシチュエーションを想像しながら読んでいるんだけどこの本はなかなかはっきりと場面が浮かんでくる。
作者の世界観がヒシヒシと伝わってくるよ。
内容は題名からもある程度伝わると思うから割愛。

最近本が面白くて仕方が無い。
昔はあまり読まなかっただけにその反動かも。
特に『ダヴィンチ・コード』のダンブラウンが書いた『天使と悪魔』が好きだ。
正直『ダヴィンチ・コード』よりも好き。
2転3転するストーリーが面白く、話に出てくるイタリアの街並みを訪れたいと思った。
多分来年にはいくと思う。

今のところ毎月2冊のペース。
今月のもう一冊は決まっている。
『ナラタージュ』島本理生著
面白いらしい。

他にも
『破線のマリス』 野沢尚
『私たちが好きだったこと』 宮本輝著
『自転車少年記』 竹内真著
『博士の愛した数式』 小川洋子著
などなど。。。。。。。。。

面白い本あれば紹介してくださいな。
[PR]
by wady_No21 | 2005-11-23 01:53 | books


<< おまけ FANTASISTA!! >>